ホルモン変化による体調の異変

女性の身体はとてもデリケートで、ホルモンの変化によって体調が変わります。身体の変化に気がついたらホルモンのバランスが変わっている証拠かもしれません。ここでは、女性の身体に関わる女性ホルモンについて、そして

 

 

どのような体調の変化が出るのかをまとめました。


女性ホルモンは主に2つの種類があり、「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」です。

「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」について

黄体ホルモンはプロゲステロン、卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼ばれます。この二つのホルモンは女性らしさを作る重要な存在です。身体と心に変化が現れるのはこのホルモンが大きく影響をしています。

 

ホルモンの変化による体調異変についてですが、女性ホルモンは、丸みを帯びた女性らしい身体を作るために重要な役割を果たします。また、生理中の胸が張るといった症状も、女性ホルモンが大きく影響をしているのです。

 

恋をすると綺麗になるというのは女性ホルモンが増えることで起こる

 

 

  • 肌の潤い
  • 髪のツヤアップ

が関係しています。女性ホルモンは生理、妊娠、出産に大きな関係があります。

生理、妊娠、出産に大きな関係がある女性ホルモン

10歳前後には、分泌量が一気に増えて生理が始まるきっかけになります。20代から40代にはピーク、40代半ばから後半にかけて少しずつ減り、50代頃には閉経を迎えます。女性ホルモンが関係して起こる整理により、女性の精神が不安定になりやすいです。

 

例えば、ホルモンの分泌量が減る生理中は、頭痛、腹痛、そしてイライラとしやすくなります。生理が終る頃にはホルモンの分泌量が元に戻るので精神が安定してきます。女性ホルモンは女性の体調異変に大きく関係をしています。

 

 

  • 毎月起こる生理
  • 妊娠や出産
  • 初潮や閉経

で大きくリズムが変化します。男性と違い女性は、それぞれのライフタイムで体調の異変を感じやすいです。これは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の変化によるものです。女性らしく美しさを保つ為にもホルモンバランスがとても深く関係しているといえます。